毛のう炎

脱毛後の肌トラブルの一つに「毛のう炎」という皮膚疾患があります。
これは、毛穴にブドウ球菌という細菌が感染することによって毛のう(毛包)に炎症が生じて赤いブツブツができ、ひどい場合には膿が溜まって痛みやかゆみなどの症状が起こる皮膚疾患で、毛包炎とも呼ばれます。

毛穴の中で毛根を包んでいる毛のう(毛包)が傷つくと、ブドウ球菌がその部分に侵入して盛んに増殖するので、カミソリや毛抜き、シェーバーなどでの自己処理に失敗して肌を傷つけると発症しやすくなります。

特に、ムダ毛やヒゲなどが濃くて頻繁に処理が必要な方は、毛のうを傷つけるリスクが高くなるので、脱毛サロンなどで施術を受けてムダ毛の自己処理の回数を減らすことが有効といえます。

ただし、脱毛サロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)や美容クリニックの医療レーザー脱毛のような毛根に熱を発生させるタイプの脱毛施術は、毛のう(毛包)部分を傷つけやすいので、事前にインターネットなどを活用してじっくりリサーチし、経験豊富で確かな技術を持つ施術師が徹底した衛生管理の下で脱毛施術を行なってくれる評判のよい脱毛サロン・美容クリニックを探しましょう。
gf1940124430m
なお、この皮膚疾患は抗生物質の服用や外用薬の塗布などで完治させることが可能なので、万が一のときに迅速に対応してもらえる皮膚科の専門医のいる美容クリニックや医療機関と提携している脱毛サロンで施術を受けるのが安心です。

Comments are closed.